北海道森町|森観光協会

観光スポット

「森・砂原市街地区」

約4kmを花で飾る約4kmに渡って国道278号線に、花街道が続きます。 5月下旬の八重桜から開花が始まって、ラベンダー、マリーゴールド、サルビアなどが次々と咲き、 10月下旬まで花期が続いていきます。

「森・砂原市街地区」

オニウシ公園 色鮮やかにまちを彩る約500本の花園 町名の由来である「オニウシ」と名付けられたこの都市公園は、国道5号線と森市街を結んで、ドライブの休憩所として利用されています。噴火湾はもとより羊蹄山や有珠山まで、園内にある展望物産館プラザから望むことができます。...

「鳥崎渓谷地区」

神秘的な渓流が心を和ませるヒーリングスポット美しい渓谷と渓流に魅せられる。噴火湾ヘ注ぐ鳥崎川を上流に進んだこの渓谷は、その美しさから「鳥崎渓谷」と呼ばれており、特に風光明媚な場所は「鳥崎渓谷八景」と名づけられ案内板が設置されています。紅葉の美しい場所として、また渓流釣りの 名所としても知られています...

「森・砂原市街地区」

幕末・維新の時代には箱館戦争に先立ち、旧幕府軍の榎本武揚や土方歳三らが上陸した場所として知られています 明治元年(1868)旧10月20日(幕末)、徳川家臣・榎本武揚は軍艦8隻にて将士役3000名を率いて鷲ノ木村に上陸、 22日に先発隊が官軍の攻撃を受けて応戦したため、土方歳三と大鳥圭介の2隊に分か...
Copyright 森観光協会 All Rights Reserved.