北海道森町|森観光協会

観光スポット

「森・砂原市街地区」

おとぎ話のような世界が広がります 駒ヶ岳を望む山の斜面に広がるフラワーガーデン。季節ごとの花が咲き誇り、美しい景色が広がる観光スポットとして人気。鑑賞だけでなく、夏にはラベンダー摘みが体験できる。園内にはドライフラワー工房も併設。常時100種類以上の展示販売も行っている。 ...

「森・砂原市街地区」

大正9年(1920)8月25日,山口県の人葛原猪平氏が森沿岸の 豊富な魚に注目し,当時人家もほとんどなかった港町に我国最初と なる,最新設備の冷凍食品工場が建ちました。 当時の冷凍魚は,マグロ,ブリ,イカ,サバ,イワシ等で,翌10年には 東京方面に出荷されました。  昭和44年9月,創業50周年を迎...

「森・砂原市街地区」

幕府が幕末に、北方警備を南部藩 に当たらせた屯所の跡地が国指定史跡「東蝦夷地南部藩陣屋跡砂原陣屋跡」として残っています。

「森・砂原市街地区」

野鳥探索と森林浴に 約20haの広さを持つ、森林公園です。噴火湾がよく見渡せる公園の入り口から森の中ヘ散策路が整備されています。森の中では、森林浴やバードウォッチングを楽しむことができます。

「森・砂原市街地区」

やすらぎプラザと物産館に分かれている国道278号線沿いの道の駅 「つど~る ・プラザ・さわら」では、物産館で買い求めた食材をもとに、やすらぎプラザでバーベキューを楽しむことができます。また物産館の階上は噴火湾の眺望を楽しめる展望ホールとなっています。

「森・砂原市街地区」

国道5号線における函館からの最初の休憩地として、また函館に着く前の最後の一服の場所として、多くの利用者でにぎわっています。駒ヶ岳や羊蹄山、噴火湾を一望できる屋上の展望ラウンジでは、広大な景色を堪能することができます。
Copyright 森観光協会 All Rights Reserved.